データ制作について

Delicious
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

アドビ社イラストレータ(Adobe Illustrator )

アドビ社イラストレータ(Adobe Illustrator )

アウトライン処理や塗り足し処理など印刷用データとして基本的な処理がされている状態であればデータ修正費などは必要ありません。

  • イラストレータCS3以下のバージョンで保存してください。
  • カラーモードはCMYKで作成してください。
  • カットラインまでデザインがある場合、塗り足しをつけてください。
  • フォントにアウトライン処理をかけてください。
  • カットラインの判別の為、トンボをつけてください。
  • データには必ず、拡張子をつけてください。

図

※オリジナルホログラムのデータ制作はグレースケールで行ってください。他は印刷用と同じですが、印刷とは違う制作工程となる為、入稿データを100%反映できない可能性があります。また完全データでいただくと使用できるホログラム効果が限られてしまう恐れがあります。

アドビ社フォトショップ(Adobe Photoshop )

アドビ社フォトショップ(Adobe Photoshop )

フォトショップデータは画像データとなる為、その内容によってはデータ制作費が発生する場合もあります。そのままデータを使用できる場合も多々あるので、ご心配な方は事前にデータ確認を行います。

  • フォトショップCS3以下のバージョンで保存してください。
  • カラーモードはCMYKで作成してください。
  • 単色の場合はグレースケールで作成してください。
  • 解像度は350dpi以上が必要となります。
  • データは実寸で作成してください。
  • カットラインまでデザインがある場合、塗り足しをつけてください。
  • フォントにアウトライン処理をかけてください。
  • データには必ず、拡張子をつけてください。

図

※オリジナルホログラムのデータ制作はグレースケールで行ってください。他は印刷用と同じですが、印刷とは違う制作工程となる為、入稿データを100%反映できない可能性があります。また完全データでいただくと使用できるホログラム効果が限られてしまう恐れがあります。

白版データの作成について

ホログラム素材に印刷する場合、通常の4色カラー印刷では白は再現されません。白インクを使った印刷はご希望に応じて対応しています。

白インキを使う目的

図1 デザイン自体に白色を使っている
図2 インク付着箇所に対してホログラムパターンの写り込みを抑える
(白引き印刷)
  • メインとなるデザインとは、別レイヤー内に特色で作成してください。
  • 白引き印刷を目的とする場合はメインのデザインより0.2mmほど縮小したデータで作成してください。
  • 印刷時に版のズレが生じる為、テキストなどの細かな箇所には白引き対応ができない場合があります。

マイクロソフトOffice(ワード・エクセル・パワーポイント)

マイクロソフトOffice(ワード・エクセル・パワーポイント)

印刷用のデータとしては使用できない為、お送りいただいた内容を元にデータを制作し直す必要があります。

※内容によってはデータ制作費が発生する場合もあります。そのままデータを使用できる場合も多々あるので、ご心配な方は事前にデータ確認を行います。

その他のデータ

その他のデータ

jpg・gifなどの画像データのみをお送りいただく場合、印刷用のデータに変換する必要があります。画像自体の修正は行わない為、解像度の高いデータ(350dpi以上)をご用意いただくことが必要です。

※内容によってはデータ制作費が発生する場合もあります。そのままデータを使用できる場合も多々あるので、ご心配な方は事前にデータ確認を行います。

手書きのラフスケッチ

手書きのラフスケッチ

手書きで書いたものを入稿データとする場合、ラフスケッチを見本にデータを制作(有料)します。

※制作費用はラフスケッチの内容確認が必要です。

  • 初めての方へTOP
  • ホログラムプロとは?
  • ご注文の流れ
  • データ制作について
  • お支払い方法
  • Q&A:よくあるご質問
To PageTop