ホットスタンプ(箔転写)

Delicious
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ホットスタンプ(転写箔) 写真

ホットスタンプ(転写箔)の仕組みホログラムのシール原紙に印刷をするとベースがホログラムとなる為、部分的にホログラムを見せたい場合にはどうしても限界があります。そんな時に便利な方法がホットスタンプ(転写箔)です。一般的には金や銀の箔を使うことが多いですが、箔の種類にもホログラム柄があり、そちらを使えばワンポイントでホログラムを見せる事が可能となります。

商品事例

パッケージ用シール

パッケージ用シール

デザインの一部にワンポイントでホログラムを使いたい場合にホログラムの箔を使うと便利です。カラー印刷と組み合わせることで多彩な見せ方が生まれます。

改ざん防止シール

改ざん防止シール

ホログラムの特性を生かした改ざん防止シールです。通常の脆質素材や改ざん防止フィルムと組み合わせることで、セキュリティレベルの高いアイテムとなります。

動画を見る

お見積り時の注意事項

  • ホログラム箔はホログラムのシール原紙と柄(パターン)が違います。
  • ホットスタンプはインクを使った印刷技術と違う為、データよりも僅かに線が太ります。極端に細かなデザインやフォントに対応すると潰れて再現される場合があります。
  • 大きな面積にホログラム箔を使うと素材の特性上、デザインが見えづらくなる場合があります。箔押しをご利用の場合はシールの枠線やデザインのワンポインでご利用されることをお勧めします。
  • ホログラム箔もシール原紙と同様に150 mm²のパターンを繋ぎ合わせた素材です。面積の大きな部分の使用するとパターンの継目が目立つ可能性があります。

※お見積り依頼の前にご確認ください

  • 用途をお知らせください (パッケージ用? POP用? 偽造防止用?)
  • ご希望の仕様 (仕上がりサイズ・印刷デー夕の色数・数量etc.) をお知らせください
  • 参考資料や印刷データがある方は合わせてお送りいただけると詳細なお見積りが可能となります
  • シール以外のホログラム製品をご希望の方はお問い合わせフォームよりお申し付けください
To PageTop